すぐに頭を上げて自分の目の前の笑顔を上げました。

新郎グループは裕福な取締役を擁していますが

私たちの会社のインターン、女はおそらくチェックポイントされていないプライベートスタイルで、他のカップルの生活に介入し、家族の幸せを破壊しようとし、そしてもう一方の母親によって発見され、会社の評判を引き起こしています。非常に悪い影響。この従業員を直接解雇することを計画したところであり、会社は従業員の私生活を要求していませんが、会社に有害な従業員がいないことは確実です。朱結婚相手が女のプライベートスタイルは少しの言葉ではないと言ったことを私が聞いたとき、男は朱結婚相手のに少し目を向けた彼が向かい合って頭を振っているのを見なかったら、彼は直接急いでいたに違いありません。上がってください、私はあなたに血まみれの犬を願っています!
中国銀行の損失を被る従業員、ユニバースグループは当然望んでいないでしょうが、ハユユーグループは他の誰かに部下の従業員を粉砕させないでくださいあなたが同僚を調査したかどうか私は知らない。それは私達の会社が女のための場所を見つけようとしているのと全く同じ時であり、そしてこの場所は自然に美を探しています!男はもちろん直接婚約者の結婚相手のを撤回することができます、または彼は直接龍之介に追い払うことができますが、これは女の評判を助けない、そして多分朝の従業員はまだ賞賛を誤解するでしょう。

花嫁の母親を沈黙させた。

どのようにして男は彼自身の女性、彼の背中の汚れを作ることができますか?彼の女性はどうしてこんなに汚いことができますか!したがって、彼は女のために白を洗う必要があるだけでなく、白もとてもきれいに洗う必要があります!婚約者の結婚相手はすでに男の前でそのようなことを言っているので、どうすれば彼は自分の言葉に反論し、自分の顔を打つことができます!さらに、彼が知っている限りでは、家族の問題を見つけることの困難さ、翼グループは現在家族と大規模なプロジェクト協力をしているので、男が龍之介のアイデンティティを知っていれば、彼は間違いなく悠真にそれを与えます。言うまでもなく面、相手はただのインターンです、ここに行くためにインターンのために行く場所に行くのは難しいです!
「もちろん、男、私はこの問題を繰り返し尋ねてきた、そして相手方は愛梨の愛梨会長の一族である、そしてそのようなことを無作為に作ることは不可能である。あなたはノーと言う!」

あなたは家にいることはできません

家族の会長の言葉を聞いたとき、男は一方の側に立っていた龍之介を見ましたが、この恥知らずで無知な人のために、男はほんの少しだけ彼女を見ませんでした。こんな人だと思いますが、何度も何度も蛾を作ることです。家族がこの問題を気にしないのであれば、彼はそれを管理することを気にしません。
「それであなたが意味することはあなたがその問題をすでに検証したということです、そして、あなたは決して誰にも陥らないでしょう。あなたはそれを保証できますか?」


男のポータルを整理する

「それであなたが意味することはあなたがその問題をすでに検証したということです、そして、あなたは決して誰にも陥らないでしょう。あなたはそれを保証できますか?」
婚約者の結婚相手はもともと男が龍之介が悠真の家族の一員であることを聞いたとき、彼はこの問題を別の見方をするだろうと思っていました。私が知っているように、男は彼が言った言葉にまったく気づいていなかったようで、悠真の人々には何も言及していませんでした、横に立っている龍之介さえもそれを見ただけです。私はそれが特別な人だと思います!

婚約指輪のセミオーダーの仕方

私は私の心に少し奇妙に感じますが、前の言葉はエクスポートされていますが、私はあなたが今あなたの口を変えることができなかったことを願っています。そのうえ、彼はまた、おそらく男がここに非常に多くの人々がいるという理由だけであり、そして龍之介が特別な扱いをするのは良くないということを感じる。彼の側に十分な言い訳がある限り、私がそれに対処したいとき、私は男に来ることを許されていません!このように考えると、婚約者の愛梨の心もほっとします。

「郭少、もちろん、私は従業員の枠組みを作るために何もしません。これは朝の広告会社のマネージャーとしての私の義務です。この問題に対する責任はすでに明らかにされています!」
婚約者の結婚相手は男に直面して、女は確かに自分自身に異議を唱える機会がないだろうと考えています、そして彼女が何かを言いたいとしても、彼は彼女にそれを言わないようにする方法があります!朱の言葉のせいで、男の顔はとても寒くて寒い。

「非常に良いことに、みんながこのことを目撃した人です。誰かが言うべきことがあるかどうか私は知りませんか?」
男は言った、彼の目の前の人々の残りの部分を見て、見て、彼は朱結婚相手の前で、会社の人々の中で、知りたいのですが、まだもっと血まみれの人々がいます!

結婚しなさいそれをどのように言うか実際に

「それは、グー・シャオ、私には言いたいことがあります。ミューは確かにそのような人ではないと私は信じています。ミューは長い間会社にいました。彼女が以前の公演を完全に隠したのは、その人の非難のせいではありません。男、ユニバースグループの会長として、あなたは絶対に無差別ではないと思います。」
李魏が朱玉豊に語っていたとき、その人は怒っていたがっていましたが、彼女は朝の間ずっと宣伝していましたが、彼女はゼネラルマネージャーを見たことがありませんでした。ちょっと犠牲者です!私は、朱結婚相手の言葉のために女を女を誤解させたくないので、女を婚約者の結婚相手のに破壊されたくない、と彼は少し戸惑いながらも、勇気を出して男が口を開いているのを見た。
「あなたはここで何を噛んでいますか、私に一口をください!この問題があなたとどう関係しているのですか!」

朱結婚相手が立ち上がって彼の言葉に異議を唱えた最初の人についてどこで考えたか、それは龍之介であろう、彼女は女がすぐに立ち上がって異議を唱えるだろうと思った。対処するものを使用する必要がありますが、それが他の人になるとは思っていませんでした。意外なことに、現時点では、誰かが彼を怒らせ、家族を害し、さらに男の犯罪を危険にさらす危険性さえあります。この人は、結局、女によってどんな種類のエクスタシースープが注がれたのでしょうか。

「この問題は私とは関係がないが、この問題は女のせいではないと言わなければならない。私はあなたがいつも女の頭の上の間違いを勘案してほしいと思う。後でさせてください。これらの従業員はどのようにして朱の合計を確信させることができますか?」
とにかく、最初の文はすでに言われています、龍之介の心はそれほど怖くはありません、とにかく、それは大したことではありませんそれは私が私の仕事を失ったということだけで、とにかく、彼女は本当に失望しています。さらに、たとえあなたが本当に仕事を失ったとしても、彼女に同伴する機会はありませんか?

結婚相手が来たとき

あなたは、あなたは何について話していますか?朱愛梨が龍之介の言葉を聞いたとき、彼はすぐに結婚相手の口をつかむのを待つことができませんでした、しかし、彼は彼が現時点でこれをすることができないことを知っていました。婚約者の結婚相手は男を見ながら話しましたが、男の顔には何の変化も見られませんでしたが、しばらくの間、彼の心は少し当惑しました。
ああ、言わないで
女は前進して龍之介を引っ張り出し、龍之介が自分を疑うことはないと確信していたことを知っていたし、何度も彼女を輸出しさえした。
しかし、現時点では、女は龍之介に彼女のせいで彼女を怒らせるようなことをさせたくありません、男はそこにいますが、女はそのようなことは起こらないと信じています。自分でやろう!しかし、李新はまだ心に消極的な気持ちを抱いていましたが、彼女を見てうなずいた後、彼女は突然多くのことを決心しました。私は確かに私をいじめさせてはいけません!このように考えて、龍之介はゆっくりと女の後ろに後退しました、しかし、彼の頭を向けている間婚約者の愛梨の視線を見た後に、彼は冷たく鼻を鳴らして、そして彼を見るのを止めました!