男はすでに人々をすべて準備ができていて

花嫁の言葉

婚約者の結婚相手の氏の言葉は非常に誇りに思っていると述べたが、男氏だけでなく男氏の後ろに立っている結愛氏も婚約者の愛梨氏の外観を見て寒かった。いくつかのポイントこの人は、それほど怒っているわけではありません、家族には実際にそのような人がいます、彼は本当に不注意です!さらに、そのような人々に女性の頭の上司をさせてください!この問題が今日解決されないならば、彼らの家族の怒りはそれを排除することができないでしょう!これを考えた後、結愛は再び婚約者の結婚相手の目を見ました、そして再び寒さになるのに十分なほど寒かったです。!結局のところ、この人は男の目をブロックしました!

「はい、わかりません、私は羽生グループの下にいます。私はそのような素晴らしい人を持つことができます。あなたもそのようなことを下の従業員から聞いたことがありません。私がいなければ、今日の結婚相手の陽翔は存在しない、と私は言ったことはありません!私は今日あなたにすべてを最高に祈ることを期待していませんでした、しかしそれは私に洞察を得ました!」

それが朱朱の二つの言葉になると、男はボリュームを増やすことができます、そしてこのように丁寧に彼を作ることができる人は、全体のA都市に多くはありません。男の言葉を聞いた男は、ほぼ彼に死刑を宣告した!男の言葉を聞いたとき、婚約者の結婚相手はついに彼が言ったことを言うべきではないことに気づきました!男が彼の冷たい目を見たのを見て、私は婚約者の結婚相手の心がついにいくらかの恐怖で満たされたことを望みました。男の前で、彼は陽翔を望みました。

横浜でプロポーズ

早朝の広告が羽生グループに買収されたとき、それはまだ知られていなかった小さい会社でした。近年、朱結婚相手は早朝の広告の開発として宣伝されていますが、それは彼がうまく管理されているからです。グループが提供するリソースは、ユニバースグループの大きな木に依存していなければ、小さな広告会社はどのようにしてそれほど早く成長することができるでしょう。そして、彼は陽翔を願っていました、どうして今そのような名声を持つことが可能でありえたか!男があるので、これのすべては翼グループがあるからです!彼は彼が彼にピークを望んだので陽翔が朝の広告が今日であるかもしれないと言う資格がないことを望みました。しかし、男は、結婚相手の陽翔が彼の男のために今日それを持つことができると言うために絶対に資格があります!
男は翼グループの魂であり、翼グループ全体の誰もがこれを非常によく理解しています、それは翼グループのトップレベル、または翼グループの下の普通の従業員です。顔を崇拝する。

と彼が今日したことである婚約者の愛梨は、彼の従業員を何よりも寒い状態にしました。

結婚証明書を得ましたそしてさらに2つの

これが最初にすることであろうと、あなたの周りの他の人々であろうと、この問題の中心にいる人々であっても、この問題に関係ない人々であっても、彼らはこの日のように扱われるかもしれないと思うかもしれません。私の心は風邪です。現時点では、ほとんどの人がこのことを引き起こした犯人、龍之介を忘れています。彼らの心の中での憤りは、公共の怒りに違反した婚約者の愛梨に置かれました。
「私は絶対にこの意味を持っていない、グシャオ、あなたは私を信じなければならない!あなたがそれを信じないなら、あなたは直接王龍之介さんに尋ねることができます。そうです」
男が入って以来、龍之介は二度と話をしなかったので、彼は龍之介が最後のわらであると考え始めたので、この最後の一人をつかむ必要がありました。命を救うわら!

ああ?それ?
男が婚約者の結婚相手の言葉を聞いた後、彼は龍之介の方向に向きを変え、龍之介の存在を見たように見えました。
王さん、また会いました

男は龍之介を見て、こんにちはと言いました、しかし彼女の顔に彼の内なる考えを示すことができる表現はありませんでした。そして朱結婚相手は男からこの挨拶を聞きました、そして、彼の心はわずかに安心しました。陽翔の意味を聞いて、彼と龍之介はお互いに気づいているべきであり、悠真の関係のためにそれは知られているべきです。しかし、朱結婚相手が呼吸するのを待っていない、王龍之介の反応は、しかし朱結婚相手の心は気絶させましょう。男が登場した後、龍之介は何も言わなかったので、彼女はいつも反対側にいて関与しませんでした。しかし、今、男が王龍之介を呼び出した後、王龍之介は突然反応した。あなたは元気です

花嫁の母親を沈黙させた。

王龍之介の反応は女に直面した当時の傲慢さを完全に欠いていた、そして彼女が彼女の愛梨の家族の状態について婚約者の愛梨に話したとき彼女は傲慢ではなかった。それは彼女の声、男に対する彼女の恐れの中で震えている!はい、それは恐れです!最後の結婚式の後、王龍之介は女を嫌っていたが、彼女は男を恐れていた!彼女は非常にはっきりしているので、今や彼女の前にいる人となり、家族に5000万の借金を抱えさせ、夏休みに家族が頭を持ち上げることができないようにしましょう!夏の家族に頼る人はもちろんのこと、夏の家族が簡単に気分を害することを恐れていないのは今や彼女の目の前の人です!
男の前で、どのように龍之介がそれを取り除くことができるのか、男が入って来た後、龍之介はすぐに去るのを待つことができず、男が決して彼女に気付かないことを願って!しかしそれどころか、この時点で朱玉豊は彼女を引き抜き、そして彼女にも賞賛を狙わせよう!たとえ龍之介が無知であっても、彼女はまた、最後の結婚式である男による女のメンテナンス、男の前で、彼女があえてそのような言葉を言おうとしていることを知っている!


婚約者の女は言いたい彼女は知りません!

私はそれを言わなければなりません、私はそれを言う必要はありません。しかし、龍之介は彼女の仕事になることを敢えてしていませんでした。
「朱はいつもそう言っていたので、王に証言を繰り返すように頼んでください!」

男は龍之介が以前に言ったことを聞いたことがなかったが、婚約者の結婚相手の口調を見たが、私は龍之介の口からは全く良い言葉がないことを知っていた。な!しかし、男は最後の事件の後、龍之介はある程度の収束があることを知っているべきだと考えていました。しかし、龍之介の頭脳の欠如は彼女に害を及ぼすことになり、それは彼女自身の事業、あるいは愛梨の家族が気にかけておくべきことである。これは、この王龍之介は、彼の口の中でいくつかの単語をささやいた男を見て、そして最終的に何も有用なことを言わなかった、彼の顔の外観は非常にもつれ、そして非常に残念。
私は早くここで男に会います、彼女はこのように直接来ません!男、この人は、夏の家族でさえも怒らないようにした、彼女のより多くの勇気を与え、彼女は怒らせることを敢えてしなかった!朱結婚相手はもともと龍之介が強制的に何かを言うことができるので、女は台湾に来ないだろうと予想していましたが、この場合、彼は自分自身をピットインして埋葬することができました。しかし、彼は、以前非常に傲慢だった龍之介が男を見たときに何も見えなかったとは考えていませんでした。王さん、あなたが言っている、あなたはここに男があることを安心していただけます、そして間違いなくあなたの主人になるでしょう!朱結婚相手は王龍之介の耳を聞いて、言葉を促したが、それは特に過酷だった、と彼女は少し面白い気分にさせました!

花嫁の母親を沈黙させた。

男が本当に彼女のマスターになることを望んでいるなら、最後の時間大翔と悠真の結婚式、男は彼女に5000万人を補償するように強制しないでしょう!あなたがマスターであっても、男が女のマスターになることを恐れています!しかし、この場合、王龍之介はそれを言うことをあえてしませんでした。彼女がそれを言わなければ、彼女はまだそこから逃げる機会があるかもしれませんが、彼女が本当に言われるべきではない何かを言ったなら、私は今日出るのが本当に簡単ではないことを恐れています!結局のところ、王龍之介は彼女をもたらしました。今日のものが新しいもののすべての間違いを責めることができないならば、それを言うのは良くありません。誰かが王龍之介を会社に連れてくるために彼女をつまむでしょう!
彼女はこのことを自分に影響させることはできません、そして彼女は女が簡単に逃げたくないのです!大和の見解では、王龍之介が今陽翔の前で何も言っていない場合、それからそれ以前に言うべき多くはありません、それらのすべてが役に立たないというわけではありません!

「ええ、おばさん、緊張する必要はありません。前に言ったことを言って、それを男の前で言いなさい!」

大和の龍之介の登場は、男に会うのはあまりにも緊張しすぎているので、龍之介が話すことを敢えてしないことであると思われます。もちろん、彼女の緊張は、龍之介が思っている緊張と同じではありません。私がその会社で男を最後に見たときから、男の失礼な外観、ハンサムな顔、そして冷たい気質が彼女の心に深く刻み込まれていましたが、この間、大和は男を楽しみにしていませんでした。また登場します。結局のところ、彼女は翼グループには多くの従業員がいますが、男は翼グループにほとんどの時間を費やしたことを調査しました。結局のところ、そこに到着した後、男を見ることができる可能性はさらにもっとあります!