結婚式がどこで行われたのかはまだわかりません。

夫婦の事業についてある程度理解していましたが

大和がこの目標のために戦う時間がなかったとき、彼は男が今日彼らの会社に突然現れることを期待しておらず、大和の心が興奮するように、そのようなことを管理し始めさえしました!大和はこれを言った、そしてそれは王龍之介を開くだけでなく、男の注意を引き付けることを望んでいるより多くのものです。その上、大和は、今日のクライアントに会うために特別に着飾っています、そしてそれは、まさにそのため、大和の心が彼女と男との間の運命をさらに高めているからです。いくつかあります。しかし、大和の考えは、彼女が男がそれに気付いておらず、知りたくないことを知っているだけだということです。
大和が期待して男を見て、これらの言葉を終えた後、私は男が彼女を見ることができることを願っています、彼女は男が彼女に間違いなく彼女に気づくのを見る限り!しかし、大和を失望させたのは、男の目が彼女の方を向いていなかったことで、彼はいつもまっすぐ正面を向いていました。失望した大和は、少し頭を下げたが、それはまさにこの理由によるもので、男の直視の正面がまさに女が立っていた場所であることに気づかなかった!
「何が問題なのか、王さん。いつも話しているわけではありません。今は一言も言えません。」
女がキツネと虎も学び始めたと言わざるを得ない彼女は、龍之介の反応を見たとき、龍之介が男におびえているべきだと知っていました!

彼女は本能的に拒絶しました

とにかく、この機会は男によっても生み出されたもので、龍之介による前回の彼女の破滅と比較して、彼女は再び優しくなるのに十分な優しさがあると語った。男は女の言葉を聞いた、彼の口の角は無意識のうちに傾いていた、この女の子、それは悪いだろう!しかし、マルベリーがこれを言わなくても、彼はこの方向に王平を連れてくるでしょう。結局のところ、王龍之介は話していない、そして確かにできません!彼は女のために白を洗いたいのですが、彼は白を洗いたいのであれば、女についての悪い意見は完全にひっくり返さなければなりませんそれがひっくり返されるなら、当然それを再検討する必要があります。これらの言葉は言わなければならないと言われています、あなたがそれを言わなければ、あなたはそれを言わなければなりません!

結婚相手が理解することができると思います!

「女、あなたはとても攻撃的です!おばさんはこんなに緊張していますか。私たちはあなたが持っているものを知らないとは思わないでください!あなたはあなたの前にみんなをだますことができます。私がしたのは、」
大和は男に無視され、彼の心の中にいくつかの不満がありました突然突然彼は女の傲慢さを聞いた、そして突然彼女の心の中に火があった。過去を攻撃する!


虚栄心と詐欺的な女性婚約者の結婚相手の拓真、私がこれを言うとき、私はあなたを理解することができません私はあなたの叔母王を脅したとき、私はただ真実を望んでいました、そして今、あなたは彼女に話すよう促していません。あなたはあなたもまた超越的な動機であると言いたいのです!
女は大和の初期の登場に驚くことではなく、大和の反応は少し奇妙に思えると思いますが、前の文はとても穏やかで繊細で、今ではラクシャサになっています。顔を変えることはできませんか?あなたは何を言っていますか、どうすれば私は最終的な動機を持つことができます、そして最終的な動機を持つ人は明らかにあなたです!こんにちは!少なくとも、私は第三者がしなければならないことは何もしませんし、私は自分の感情に絶対に忠実であり続けます。女は大和の言葉を聞きました、私がもっと聞くと少しぎこちない感じがしました。

結婚相手は女の入り口で男の後ろを見男を見た。

こんにちは!女は大和を見て、これは一見したところ、大丈夫に見えない、それは大和の顔が本当に少し赤面であることがわかった、それは本当に恥ずかしがり屋ですか?さらに、大和は、それが男の方向であるかのように、方向を見てきました。女が、大和の目が常に男の体にくっついていることに気づいたことに気づきましたが、彼はそれを取り除きたくありませんでした。大和は、男には耳を傾けることができないと言っているのでしょうか。言い換えれば、大和は男のようなものですか?女は彼女自身のこの認識にショックを受けました、しかし、彼女はまだここにいます、大和は公然と彼女をつかみたいというリズムです!もしあなたが彼女の男性と結婚したいのなら、最初に彼女を見て同意しないでください。この考えが出た後、女はすぐに自分自身で怖がっていました!
彼女がちょうど彼女の心から浮かび上がったことについてのどんな考え、彼女は実際にこの状態を始めて、そして男を彼女の男の中に連れて行きました!それは彼女の潜在意識の中で、男が長い間彼女の所持品とみなされてきたということでしょう!彼女、彼女、彼女は男にとても強い所有権を持っています!大和が男を好きであることに気づいたときでさえ、私はまだ酸味を感じました!ああ、この気持ち、私は本当にそれを説明する方法がわからない!また怖い、そしてちょっと!私が考えを変えるとすぐに、女は大和が第三者になることは決してないと声をかけて言ったと突然思ったが、すぐに男には愛を表明しました。あなたがあなた自身の顔を打つかどうかを知っています!

どうすれば彼は給料を上げることができるのでしょうか。

しかし、女と男の間の関係は、彼女は大和が知られるべきであることを感じていなかった、そしてこの機会に現時点で皆に知らせることを期待していませんでした。婚約者の結婚相手の拓真、私はあなたの愛の概念には興味がありません!私が今尋ねているのは王さんです、あなたではないと思いますか、または王さんのために話すことができると思いますか。
「どうすれば王さんを完全に表すことができますか。王さんにはなじみがありません。ただそれを言っているだけです!」
大和は龍之介の言葉を書きたいと思ったが、彼女が言ったように、彼女は龍之介に精通していなかった。


「この場合、私は婚約者の結婚相手の拓真を見て、あなたはそれを見ています。結局のところ、この問題はあなたとは関係ありませんね。」
女はここで大和と話をしたくなかったので、この問題は長きにわたって引きずられてきたので、彼女はこれを遅らせ続けたいとは思わない。大和と話した後、女は龍之介を振り返った。

婚約者の愛がこのように彼女を抱かせることはできませんか?

しばらく休んだ後は、龍之介の精神が改善されたようですが、男の言葉を見ているのとは違います。それで、彼女が今尋ねたもの、王龍之介はそれを言うことができるはずです!結婚相手のさん、誰もがこの問題にとても心配しているので、私たちはまだそれを明確にすべきだと思います、そうです!私は最後の結婚式でそれを言ったが、それは王さんがそれを聞いていなかったようです!この場合、それをもう一度言っても構いません。私と大翔は、彼が解散を提案した瞬間から早くも、それはそれとは何の関係もありません!
彼が悠真と結婚したとき、私は将来彼と何の関係もないと言いました!私はあなたが負っていないものを賞賛する!あなたが私に負っていることに関しては、私は気にしません。これは私の要求です!女の発言は龍之介に向けられ、女はこれらの言葉を述べましたが、彼の周りの人々の目は基本的に女の体に集中していました。もともと龍之介の言葉、新しい言葉に少し懐疑的だった人々のために、女の言葉を聞いたとき、女の顔の外観を見たとき彼らは役に立たないがぎこちなく見えるようになった。女の言葉は非常に強力で、偽物ではない、問題は、彼らが龍之介の反応も見なければならないことである。今すぐ!王龍之介が女の言葉を聞いた後、彼女はやや驚いた!