花嫁の言葉にショックを受けました!

同じ都市に住んでいるので

周j俊のs罪の良心を見る前、YYYが周婚約者のZを軽蔑しているのを見る前に、女はあまり考えなかったが、男が突然この人物の名前を挙げることができるのは、男が本当に正しいのか。大和のアイデアは何ですか?女氏は、この可能性は決して大きくないはずだと考えていますが、その考えが彼の心に浮かんだとき、女の心はまだやや不快で多少怒っています!
愚かな少女、何を考えているの?
男は女の顔が白くなり、徐々にいくつかの不満と怒りを明らかにしたが、女はもっと考えなければならないことを知っていた。自信がない!
私、たくさん考えがあります

男の顔の笑顔を見て、女は彼女がもっと考えたことを完全に知っていた。しかし、彼女は彼女がちょうどそれについて考えたことを認めなかった!
「あなたはまだそれを言っていない、なぜあなたは彼女によく尋ねます、そして、それはされるのが難しいです。あなたは本当に彼女を羽生グループ本部に働きかけるために行きたいですか?」

この文を聞いた後、女は男を見つめていましたが、男があえて言うと恥ずかしいと思ったら、どうすればいいのかわかりませんでした。私は結婚相手の陽翔に直行して人々を追い払うことはできません!現時点で、男が女の考えを知らなかったのは残念ですが、彼がそれを知っていたら、すぐにそれについて考えるかもしれません。
「もし私が本当にユニバースグループに行くために誰かを選びたいのなら、最初のものがあなたを間違いなく選ぶでしょう!」
女の考えを尊重することができなかったならば、男の言葉は本当に本当です。
「私は行かない、私は私にとって非常に適しています。私はここからたくさん学ぶことができます!」

花嫁の娘と

女は、結婚相手の陽翔が良くないとは考えていませんが、結局のところ、このような大規模なグループであり、あらゆる点で結婚相手のよりも優れています。会社で仕事をするときは、毎日頭を見ていません。心からアレクサンダーのように感じます。あなたがそれについてどう考えても、私はまだそれが今最高であると感じます!
「あなたはそれが好きです、私はあなたの選択を尊重します!あなたが間違ったことに遭遇したならば、ちょうど私に言うことを忘れないでください、そう?」

男は直接それを言っていませんでした、しかし、今日のことは彼が大和が間違いなく会社で問題を探していないことを見るのに彼にとって十分です、そしてこれらのこと、女は彼の前で決して不満を言いませんでした!

あなたができれば、彼はムカイのためのすべての障害を取り除き、彼女をいじめてしまうかもしれないみんなを追い払うつもりです!大和が本当に会社であまりにも多くをしたなら、彼は直接実地でいることを気にしないでしょう、大和を会社から追い出します!


結婚式といえば

「私は苦情を受けていないことを安心することができます。今日のことに関しては今では大丈夫ではないでしょうか。さらに、この世界は大丈夫ではないでしょう。あなたが少しのフラストレーションを感じることは困難です。生きられない!」
女は、男がこれを非常に簡単に行うことを知っていますが、男が誤解を招く可能性のあることをすることをまだ望んでいます。
結局、大和は、彼女をターゲットにしているだけでなく、会社を傷つけたり、会社の重要な規制に違反したりすることは何もしていません。納得しない!男は女を見ました、そして、女の言葉は彼が反論するものを見つけることができなかったと言わなければなりませんでした。彼は確かに女を信じています、そして、彼は女がそのような小さな後退に耐えることができると信じています、彼はただ女が不当に扱われることを望まない!しかし、おそらく人々は本当に後退に遭遇した後にのみ成長することができます!たぶん彼は賞賛を考えています、しかし時々彼の女性は成長のためのいくらかの余地を必要とするかもしれません!
結局のところ、彼が望んでいるのは温室内に隠れるだけの花ではなく、彼の女性が彼のそばに立って起伏の中を歩くことができることを願っています!
さて、私はあなたを信じます!
女は女の髪の毛を大切にしており、女にとって彼のお気に入りのアクションとなっているようだが、彼は女が仕事の関係を処理できると考えています。見事!
ああ、そうだ!
私が男がこれを言うのを聞いた時、女は突然一つのことを考えました。
「婚約者の結婚相手のと悠真の間の協力に関して、私たちのディレクターは私が私にプロジェクトに参加する機会を与えることができると言いました。あなたはどう思いますか?」

花嫁の娘と

問題は家族、および以前は大翔によって浪費されていたサソリガに関係していたので、女は男に話すほうが良いと感じました。女はこのプロジェクトに参加したかったのですが、結局のところ、今育っているのは成長する機会ではありませんが、大翔と婚約者の結婚相手のイベントの後に、男は他に何かアイデアを持ちます。
あなたの監督?湊?
男は彼の心の世話をし、湊の名前を考えました。
もともと、次の支店の従業員にとって、男はそれほど明確に理解していませんでしたが、それが女のトップボスであることを考えると、男はまだある程度理解していました。湊の能力、男はまだ比較的認識されており、私は女が彼とたくさん学ぶことができるはずだと思います。しかし、男は、湊が女の世話をすることを期待しておらず、少しの嫉妬を生むことしかできず、それについて考えるようになった。女が希望すれば、彼は彼を助けるための手段を持っていますが、男は彼が現在の立場からこのようなプロジェクトに参加する資格がないことを知っています。


夫婦として現れました。

しかし、それはそれが女にとても良い理由である湊です、これを達成するのは難しいです、この湊は彼女の女性に何を持っていますか?このような考えが出たばかりで、男の顔は少しの怒りを生んだ。彼はいつも人の目の前で自分の内なる考えを見せるのがとても簡単でした、それはとても簡単です、なぜならこの女の事は現時点で彼の内なる考えを露出したからです!ねえ、しかし部門長、彼の女性と結婚する資格は何ですか!


「ねえ、あなたは私たちの監督を知っています!」
女は男が直接湊の名前を呼んでいるのを聞いた、そして彼女の顔は少し驚いたが、それから彼女は男の顔から見るように見えた、彼女は焦り、そしてそれを作るのは難しかった。?


女は男が直接湊の名前を呼んでいるのを聞いた、そして彼の顔は少し驚いたが、それから彼女は男の顔からまた見たようです。少しせっかちな、それは難しいです、男は湊が好きではない?しかし、男とチームのディレクターとの間に何か交差があるのでしょうか、それとも男が湊を好まないのでしょうか。
行きたい?

男の心は快適ではありませんが、女が参加したいのであれば自然にそれを手放すことはしません、湊のものに関しては、もちろんそれを解決するための独自の方法があります!
「ええ、私はまだそれについて考えています。私が今不足しているのは経験であると、監督は述べました。」

結婚式の計画を立て始めたときに

彼女は湊にとても感謝していたので、彼女が湊に言及したとき、彼女の顔はとても優しかった。しかし、これらすべては男の目の前にあり、それによって彼の心はよりブロックされ、さらに彼の心には衝動さえあります。この人がどんな考えであるかを見るために今湊に会うのを待つことができません!彼が本当に彼の女性と結婚することをあえてするならば、彼はそうします…彼は嫉妬するでしょう、彼の女性、誰もできません!しかし、心が急いでも、男は表面に落ち着いていても、そして女を見ても微笑んだ。
「ええと、私はそこに行きたいのです。プレッシャーはありません!」
相手が大翔ほど優秀ではない限り、男は女を得意とする人に感謝します。
「さて、家に着いたら夕食に行きました。休憩しましょう!」

二人が話したとき、車は家のドアに止まっていたので、女は男にバスから降りると言い、男は家に帰ってから入浴する習慣があることを知っていた。その後、女はドアの中にまっすぐ入って袋を台所に投げ入れました。冷蔵庫にはいつでも食べ物がありますが、家から持ち帰ったものもあるので、2人は食べ物を心配する必要はありません。しかし、女はまだ自分自身をいくらか過大評価しています!家から持ってきた料理があっても、それはまだ再処理する必要があります。男がシャワーを浴びた後階下に行ったとき、彼はちょうど台所のドアに歩いて、そして彼の手の中に場面を見ました。男は助けることができなかったが、笑いながら歩いていった。
「私は来ています、あなたは最初に休むべきです!」