結婚適齢期を少し過ぎた31歳の時、友達の薦めもあり、結婚相談所に入会した。やはり、年齢的な焦りもあり、早く結婚したかったのだ。結婚相談所といっても、いろいろな会社があり、インターネットで情報を収集したり、実際に店舗で相談したり、入会までにかなり時間は要したと思う。様々な結婚相談所がある中、入会したところは大手の相談所に決まった。大手だと会員数が多いので、チャンスが広がること、パーティなどのイベントが多いことが入会の決め手になった。実際に結婚相談所に入会してみると、毎月決まった日に多くの紹介状が送られてきた。私の入会したところは、写真は店舗に行かないと見ることができないので、紹介状が届くたびに店舗に行かないとならない。はじめは、紹介状をみて気に入った人がいると店舗で写真をみて申込みしたりしていたが、かなり労力のいる作業になった。忙しいと写真を見にいく時間もなくなり、せっかく申込みをいただいても、お断りしてしまう日もあった。結婚相談所に入会して半年もしないうちに、正直活動が面倒に感じてしまい、休会をしてしまったのだ。そんな中、東日本大震災が起こり、結婚したい気持ちが強くなった。仕事を優先してばかりいたが、少し真面目に婚活をすることにした。実際に行ってみると、申込みしても断られたり、返事がこなかったり、会っても1度で終わったりとなかなかうまくいかなかった。そんな中、昨年8月運命の出会いがあり、結婚前提におつきあいをして、昨年末に婚約、今年の3月に結婚した。相手も結婚相談所の会員だったため、結婚したいと思っている人同士なので、話は早かったのだ。今では結婚して幸せに暮らしている。活動期間は短かったと思うが、結婚相談所に入会することで理想の結婚ができて、入会してよかったと思っている。結婚したいと思う人は、勇気を出して入会したらどうだろうか。