趣味は引越し!賃貸マンションの交渉術

千葉の老人ホームは多様化しました。

2011-10-24テーマ【老人ホーム】の一覧

他の地域でも同様ですが、千葉でも特別養護老人ホームは満杯状態で入居を順番待ちする人が多数います。
料金が安いことが人気で、一定以上の要介護状態でなければ、まず入居は無理です。
更に、地域の高齢者への福祉の意味合いもありますので、その市町村に居住している人を優先している地域もあります。
例えば、子供世帯は千葉に住んでいて、実家の親を呼び寄せたいと考えたとしても、親は千葉には住んでいませんので、千葉に居住している人が優先されます。

特に、県内では東京に通勤する人が多く住んでいる地域にはその傾向が強いようです。
特別養護老人ホームを諦めた人は有料の民間の老人ホームに入居します。
仕組みは様々ですが、入居時に数百万円の一時金を支払い、一定の年数で償却するのが一般的です。
例えば、5百万円を5年で償却する場合、仮に入居から2年で亡くなってしまうと2百万円は償却されていますので、残りの3百万円が家族に返還されます。
これに、毎月の食費なども必要となります。

このような有料の老人ホームは、千葉市、市川市、浦安市、松戸市、柏市、習志野市、八千代市などに多くできています。
田舎になるほど、老人を家庭で最後まで面倒を看ることと、一定の人口が集積している地域の方が入居者を集めやすいからです。
老人ホームの顧客獲得競争も激化しており、入居一時金を不要にしている施設や、病院や調剤薬局との提携で安心感を打ち出している施設や、施設内の設備を豪華にしている所など様々な工夫をしています。

Post a Comment